会社で頑張ったらうつ病になった。会社から逃げたら幸せになった。

インターネットで人生変わった、元うつ病女のブログ

旅行

タイ旅行をブログにまとめます。トータル2ヶ月間ほど旅しました(笑)

更新日:

タイ旅行をブログにまとめます。

ネットビジネスが軌道に乗ってから私が最初にした贅沢の思い出です(笑)

会社で雇われていた頃の安い給料じゃ到底、出来なかった長期旅行を楽しみました。

その時の思い出をブログにまとめておきます。

もくじ

貧乏が染みつくと贅沢するのが不安になる(汗)

ネット上に作った仕組みから急にお金が転がり込んで来て、最初は

「こんな上手く行くはずがない。」

「多分、一時的なものだ。こんなこと続くわけがない。」

 

そう思って、思い切った贅沢が出来ませんでした(汗)

うつ病ニート生活の間にすっかり質素倹約が身に付き、贅沢することに

抵抗が出来てしまったんですね。

 

貧乏が染みつくのも、なかなか厄介なものです(汗)

 

目の前に「このお金は好きに使って良いんだよ」と大金を差し出されても

本当に大丈夫なのか?使って良いのか?と不安になってしまうんです。

 

毎月、コンスタントに会社員時代の給料を超えるお金が勝手に入り続け

呆然とする中、こんなこと起こるはずない、いつか終わってしまうと

ずっと思っていましたが、待てど暮らせど収入がなくなることはありませんでした。

どうせ儚く散るならば、一夜の夢よ!タイに行くか!

お金が転がり込み続けてしばらくの間、ずっと質素倹約に励んでいましたが

この状況がすぐに終わることはなさそうで少し気持ちに余裕が出て来ました。

稼いだお金から生活費といくらか投資に回しましたが、

それでも手元には数百万単位のお金が残ってました。

どうやらすぐに無収入に逆戻りはしなそうだし、

もし収入が無くなった時、あの時思い切っておけば~と

後悔するかも知れないと思い、贅沢して見ることにしました(笑)

どうせ儚く散るなら、一夜の夢を楽しんでしまえ!

良し!タイに行くか!

タイへトータル3回の長期旅行♪

思い立って、すぐにとにかく最短の日程で取れるタイ行きの航空券を購入し、

荷物をまとめタイへ行くことにしました。

確か、タイへ行くか!と思い立ってから2週間後くらいだったと思います。

ちなみにこの時、帰りのチケットは買いませんでした。

ビザの関係もあるから1回の旅行でタイに滞在するのは長くても

1ヶ月くらいかなぁと思っていましたが、まあ、仕事はタイでも出来るし

いざとなればビザ延長する方法もあるようなので、あえて帰りのチケットは

買いませんでした。

1回目のタイ旅行♪熱気に圧倒されました(汗)

最初の滞在は確か27日間だったと思います。

この時はタイに行くのが初めてで、全然勝手が分かりませんでした。

海外旅行にもなれておらず、飛行機の乗り方もあやふやでした(汗)

 

利用した航空会社はデルタ航空。

急な日程で取れたのがここで片道なのにかなりお高い航空券でした(汗)

完全にシーズンオフだったせいか空港内は閑散としてました。

飛行機内も閑散としており、人もまばらでした。

おかげで3列シートの座席を独り占め出来ました(笑)

 

 

 

しばらく滞在することになるホテルからの眺めです。

タイでの滞在拠点はタウン・イン・タウンと言うホテルでした。

タイでポピュラーな乗り物トゥクトゥクで移動

トゥクトゥクと言うタイではポピュラーな移動手段として利用される乗り物です。

結構、高速で飛ばしてくれます(汗)

タイのチャオプラヤー川に到着です。

チャオプラヤエクスプレスと言う船で川に沿って移動できます。

タイのワット・アルン

ここからあちこち回ります。

タイには古い寺院や歴史がありそうな建造物が多くて

建物好きにはたまらない感じでした(笑)

三島由紀夫の暁の塔で有名なワット・アルンにも登りました。

結構、高くて急な階段がありました。

タイのワット・ポーと言うお寺

涅槃仏で有名なワット・ポーです。

超デカかったです(汗)

タイの仏像はデカいのが多いんですよね。

タイの陸軍射撃場にも行きました。

一見、ものものしい感じでしたが、どこかユルい雰囲気もありました(笑)

拳銃を撃つことが出来ます(汗)

タイの国宝エメラルド仏陀があるワット・プラケオ

ここはタイの国宝エメラルド仏陀があるワット・プラケオと言うお寺です。

エメラルド仏を近くで撮りたかったのですが、ダメと言われたので

遠くから撮りました。だいぶ、ブレてます(汗)

国宝のある場所だからなのか、やや厳重な感じです。

 

タイ中華街のオブジェ

タイの中華街にあるなんか良く解らない門?オブジェ?です。

タイ センセープ運河を走るタイの乗合水上バス

川沿いに並ぶ家々が凄い雰囲気を醸してました(汗)

日本も昔はこんな感じだったのかなぁと勝手に想像してしまいました。

 

タイの民主記念塔

タイでは都市部と農村部の人たちの間で政治的な対立があるようです。

赤シャツと黄シャツの色つきシャツでどちらの派閥か分けてる見たいです。

詳しくは解りませんが、ここで良く集会をしてるのを見かけました。

民主主義の象徴的な場所として利用されてるんですかね?

2回目のタイ旅行♪観光と買い物を楽しみました♪

最初のタイ旅行が楽しすぎて、半年後くらいにまた行ってしまいました。

今度は年末年始を挟んでの滞在です。

アユタヤ観光とバンコクでの買い物メインな旅だった気がします。

今回も帰りのチケットは買わずに旅立ちました(笑)

タイの英雄的王様 キング・ナレスワン

とても強くてタイの人たちから、とても尊敬されている王様です。

名前はキングナレスワンだそうです。

映画にもなっています。

日本で言えば、武田信玄とか上杉謙信的な位置づけなんですかね?

ちょっと違う気もしますが(汗)

タイ アユタヤの遺跡群 ツリー仏陀が印象的

アユタヤにはたくさんの遺跡がありました。

どれも廃墟でボロボロでしたが、何とも言えない美があった気がします。

廃墟の美って奴ですかね?

昔、争いが合ったらしく、どの仏像の首も打ち落とされてました。

打ち落とされた首のひとつが木に取り込まれてしまってます。

ツリー仏陀と呼ばれ、有名なようです。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン 金箔の張りの仏像が印象的

信心深いタイの人たちが熱心に拝んでました。

金箔を全身に貼り付けられている仏像が印象的でした。

 

ヴィーン・プラ・モンコン・ポピット

タイのアユタヤには象がうろうろしてる場所があります(笑)

柵もなくうろうろしてるので、凄い近くまで寄ってくることもありました(汗)

タイの鶏が奉られているお寺

先ほどのタイで尊敬されている王様、キングナレスワンが奉られてるお寺のようです。

王様は闘鶏が好きだったようで、ここでは鶏もメインで奉られているようです。

タイ チャトチャックウィークエンドマーケット

週末しか開催されていない、チャトチャックウィークエンドマーケットです。

2回目の旅ではここに週末ごとに行って買い物しまくってました(笑)

外国人旅行者が多く、とにかく熱気が凄いです。

ここのココナッツアイスが絶品で滞在中、何回食べたか解りません(汗)

タイの国技ムエタイ

この時はムエタイもしょっちゅう見に行ってました。

試合の前に良く解らない舞を踊るんですけど、念入りに踊っている選手の方が

なぜか勝っていた気がします。

3回目のタイ旅行♪流石に飽きてきた頃です(汗)

流石にタイ旅行も3回目ともなる飽きて来るもんです(汗)

今回もどのくらい滞在するか決めてなかったので、帰りのチケットは

買わずに旅立ちましたが、結局、10日間ほどで帰って来ました。

一応、観光もしたんですけど、やっぱり買い物メイン感じの旅でした(笑)

やっぱりチャトチャックウィークエンドマーケット(汗)

今回もやっぱり、チャトチャックウィークエンドマーケットに入り浸ってた気がします(汗)

ここはいろいろ面白いものが多くて、ただ見て歩くだけで楽しいんですよね(笑)

タイのおかしなシャツ

おかしな商品がありました。

入れ墨はいったミッキーマウスと蟻がたかっているように描かれたシャツです。

ちょっと着るのは抵抗ありますね。

タイの人たちのセンスが良く解らないところです(汗)

 

なぜかタイで毛沢東(汗)

毛沢東と鄧小平かな?

人形のセンスも良く解らない(汗)

タイは仏像が多いです(汗)

タイは仏像を売ってるお店も多いです。

タイの人って、どんだけ信心深いんですかね(汗)

何やら良く解らない楽器を演奏する少年。

結構、上手くて聞き入ってしましました。

タイのMBKセンター

ここでも買い物三昧だった気がします。

周辺ではストリートパフォーマーがちょこちょこいました。

戦争の歴史が解る資料館?

タイのどこだったか忘れてしまいましたが、戦争の歴史が解る資料館のような

ところです。

戦場に掛ける橋で有名になった収容場の様子も展示してありました。

タイ語が解らないので、なんて説明されていたのかは不明です(汗)

タイの刑務所?拷問?博物館

タイで昔、刑務所だった場所を拷問博物館としてオープンさせたようです。

独特な感じでした。

処刑の時には蓮の花を持たせるところがタイっぽいですね(汗)

タイの猫たち

3回目の滞在拠点にしたホテルの近くに猫が多いお寺があったので

しょっちゅう行ってました。

やたら人懐こくて可愛かったです(笑)

足下寄ってきた(笑)

タイで売ってる商品

タイで売ってる商品です。

お寿司味のスナックとか、ヤクザからとったっぽいチャクザと言うドリンク

やっぱりタイのセンスが良く解らないです(汗)

タバコのパッケージデザインも衝撃的な感じです(汗)

吸い過ぎると肺がこうなるよ~との注意喚起なんでしょうけど凄いですね(汗)

衝撃的すぎるのでモザイク掛けときます。

↑タイでもDAKARAが飲める(笑)

↑チャクザ?タイでのヤクザの位置づけはどうなってんですかね?(汗)

↑タイのスナック。お寿司味のスナックに書かれたお兄ちゃんがいい笑顔してます(笑)

↑レッドブルのパクリかな?って思ったら、こっちが本家で

レッドブルの方がパクりのようです(汗)

↑衝撃的なパッケージデザイン(汗)

タイはやることが違いますね。

 

ネットビジネスをやって本当に良かった

突然、呆然とするようなお金が転がり込んで来て最初は贅沢出来ませんでしたが

タイに行った辺りから、贅沢への抵抗感がなくなりました(笑)

勝手にお金を生みだしてくれる資産は本当に安心と平和をもたらしてくれます。

あの時、会社に雇われる選択を捨てて本当に良かったと

つくづく思う今日この頃です(笑)

  • この記事を書いた人
ゆきキャベツ

ゆきキャベツ

名前:ゆきキャベツ 建築好きが高じて思わず賃貸物件まるごと1棟を購入してしまい、あれこれオモチャにしていじくり回すという変わった趣味を満喫中。父親のギャンブルが原因で両親が離婚。その後、母子家庭となった貧困家庭で育つ。 高校卒業後、新卒で入社した会社からリストラされアルバイトを転々としながら底辺生活を送る。このままではマズいと思いなんとか正社員の職を得るもブラックな職場でうつ病に追い込まれてしまう。その後約4年間のニート生活を送る羽目になり、会社で雇われて働いていても幸せになれないことを悟り、自らの力で起業する道を選ぶ。 偶然見つけたネットビジネスという言葉に惹かれ自分でもやって見ることにしたところ、あっさりと会社に雇われていた頃の収入を超えてしまい呆然とする。どんどん貯まっていくお金を使って、ついに賃貸物件をまるごと1棟購入する。今では会社に雇われていた頃の収入の倍以上をコンスタントに稼ぎ、晴れて会社に雇われずに自由で豊かで幸福な人生を生きることになる。 21歳:高校卒業後、新卒で入社した会社からリストラされる。 21~26歳:アルバイトを転々とする底辺生活を送る。 26~32歳:ブラック企業で過酷な労働の日々を送る。 32歳:会社からの過酷なプレッシャーによりうつ病へと追い込まれる。 32~36歳:ニート生活を送る。(人生最大の絶望期) 36歳:パソコン1台でネットビジネスに挑戦。 37歳:1年後、会社員時代の収入をあっさり超え、今までの人生は何だったのかと呆然とする。 38歳:趣味と実益を兼ねて収益不動産を購入する。 40歳:会社員時代の収入の倍以上をコンスタントに稼ぎ、また呆然とする。 42歳:結婚もして本物の幸せを味わう日々を送る。

-旅行

error: Content is protected !!

Copyright© インターネットで人生変わった、元うつ病女のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.